headband

当然ですが、寿命はあります。精密機械ですから…

ポケットWi-Fiを使って快適なネットライフを送りたい。

多くのユーザーが考えていることだと思います。

でも、1つのポケットWi-Fiをずっと使うってことは可能なのでしょうか?

答えは難しいと言わざるを得ません。

なぜなら、ポケットWi-Fiのバッテリーには寿命があるからです。

バッテリーの寿命を、ポケットWi-Fiの寿命に置き換えてもいいでしょう。

私たちが使う、ポケットWi-Fiのバッテリーは「リチウムイオン電池」が使われています。

そして、このリチウムイオン電池は300〜500回の充電で劣化し、寿命が来ると言われているのです。

つまり、毎日使って、毎日充電すると、1年半くらいで寿命がやってくるということ。

よって、まずはバッテリーを劣化させない工夫が必要です。

バッテリー劣化を防ぐため、私たちがするべきこと

バッテリーの劣化の原因として挙げられるのは、「過放電」「過充電」です。

まず、「過放電」から説明しましょう。

これは、充電が切れた状態で、端末をそのままにする行為のことを言います。

充電が切れた状態で放置をすると、バッテリーが劣化し、結果的に、ポケットWi-Fiの寿命を縮めることになってしまいます。

では、「過充電」とはどのような状態でしょうか?

これは読んで字のごとく、過度に充電するということです。

特に充電が完了しているのに、そのまま充電を続けていると、これまたバッテリーが弱まる原因になります。

なので、このような事態を防ぐためには、バッテリーがなくなったら充電し、充電し終わったら、バッテリーで動かすということが良いでしょう。

バッテリーの交換ってできるの?

バッテリーの交換をし、寿命を復活させることも可能です。

1年の補償期間内であれば、通常の使用でバッテリーが劣化した場合、無償で交換が可能になっていますが、1年が経った場合は、有償でバッテリー交換をすることになります。

費用は概ね2,500円〜4,000円前後です。(端末によって違います)

いずれにしても、バッテリーの交換をすれば、寿命問題を解決することは出来ます。

pagetop